太陽光発電の魅力について語る

太陽光発電の魅力とはやはり初期費用を全額回収できる点ではないでしょうか。

これらのメリットは恐らくたくさんの方が実感していらしゃっるのではないでしょうか。

太陽光発電とは2012年に固定価格買取制度が制定されてから、それまで見向きもされなかった太陽光発電が一気に脚光を浴びる事となりました。

もし、これから太陽光発電をスタートしようと考えていらっしゃる方は注意が必要です。

太陽光発電は大変魅力的ではありますが、導入時に間違いを犯すと取り返しのつかない事になってしまうからです。

これらの事を踏まえて、太陽光発電の魅力についてまとめてみました。

1・電気代を節約出来る
2・発電した電気を売電できる
3・災害時の非常用電源としても活用出来る。
4・2014年度は導入費用が底値になった
5・環境に良い

これらの点は全て魅力的なものです。

次は太陽光発電のデメリットについてご紹介したいと思います。

1・日照条件が悪い場合、メリットが無い
2・初期費用が高額
3・売電価格が年々引き下げられている
4・維持費がかかる

デメリットが多くてびっくりされたのではないでしょうか。

日照条件はその通り日影が出来る場所は元々太陽光発電に向きません。

その上、初期費用は住宅用では100万円〜200万円。
産業用になると350万円〜という大きな資金が必要です。

売電価格は御存知の通り、最高値48円でしたが、現在住宅用は37円、産業用は32円とかなり低くなっています。

維持費もかからないと考えていらっしゃる方も多いのですが、月1000円前後、年間で1万円前後のメンテナンス費はどうしてもかかってしまいます。

デメリットを多く書いてしまったので、魅力の印象が薄くなってしまったのではないでしょうか。

私の家の近くでもたくさんのソーラーパネルが設置されています。

皆さんに感想を聞いた所、

「太陽光発電を設置して損した。」という人は一人もいません。

コメントを残す

このページの先頭へ