初期費用どのくらいかかるのでしょうか?

住宅用太陽光発電システムについて、私がよく聞かれる質問は「初期費用はどの位かかかるのでしょうか」という事があります。

ザックリともうしますと、80万円〜300万円が一般的です。

低価格なものでは、もちろんもっと最価格なものもありますし、高額なものだと500万円前後するものもあります。

一般的には100万円〜200万円が主流で設置されている方が多いシステム規模になります。

では、この初期費用をどの様に捻出すればいいでしょうか。

これはとても難し問題です。

初期費用をどの様に捻出させるか、2通りの考え方があります。

貯金を使う。

ソーラーソーンを利用する。

ソーラーローンとは、太陽光発電を導入目的とした借入の事です。

マイカーを購入される時も、同様にマイカーローン等があるように、太陽光発電にも各種金融機関が商品を揃えています。

一番金利が低いのは、公的金融機関が行っている低金利融資です。金利は0.7%程

2番目は銀行が行っているローン。金利は1%程

3番目は無担保で借入が出来るソーラーローンです。金利は2%程。

出来れば公的金融公庫で借入が一番金利が低いですが、ローン審査が複雑です。

提出書類も多いので、もちろ施工販売店も資料作成にご協力しますが、中々追いつかないのが現状です。

従いまして一番多く利用されているのは、銀行融資です。

初期費用の捻出は皆さん大変ご苦労されていると思いますが、まずは施工販売店へご相談されてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

このページの先頭へ